お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2018.11.12ブログ

虫歯から肩こりや皮膚炎が起こることがある (病巣感染)

肩こりの中に、実は虫歯(歯根膜炎、歯周病なども含めて)が原因の肩こりがあります。
もちろん、虫歯と、首や肩の問題が混在していることもあります。
このような肩こりで、首や肩を調整しただけでは治らなかったけれど、虫歯を治したらすっきりしたというケースがあります。

先日もある患者さんから、こんな話をうかがいました。
「微熱が続いて、お腹も痛くて接骨院に来れなかったけれど、具合の悪かった親知らずを歯医者で抜いてもらったら、お腹の痛みも感じなくなり、微熱も下がった」

虫歯は侮れない問題で、肩こり以外にも、内臓や肌の状態にも影響を与えることがあります。
虫歯など、それ自体は症状が軽くても、それが原因となって、他の臓器に病変が出るのを「病巣感染」と言います。

病巣感染を起こす原因になる感染を「原病巣」と言います。
原病巣には、虫歯だけでなく、歯の根っこにある歯根膜の炎症、歯周病、扁桃炎、副鼻腔炎(蓄膿症)、中耳炎、虫垂炎などがあります。

病巣感染には、肩こりだけでなく、微熱、腹痛、難治性の皮膚炎、リウマチ、膠原病、糖尿病、肺炎、心膜炎など、さまざまな病気が挙げられています。

もし、筋肉や関節の調整を受けても肩こりが良くならないときは、原病巣がどこかにないか調べてみることをお勧めいたします。
寺田接骨院
厚生労働省医療機関ホームページガイドラインに基づく表示:体験談や感想は個人の主観に基づく評価です。ホームページに掲載している画像はイメージ画像です。術前・術後の写真などは個別の事例を取り上げたものです。これらの情報の有用性は限定的なものです。施術の効果には個人差があり、同じような効果が得られない場合もあります。医療過誤を起こさないように細心の注意をしていますが、まれに施術によって刺激されることで痛みが発生するなどのリスクもあります。



ご予約・お問い合わせ

※当院は予約優先です。
予約外の場合、長時間お待たせ
することがあります。
(ご予約いただいている場合でも、しばらくお待たせする場合があります)
お電話は営業している方の院におかけください。両方の院の予約ができます。

ネットで予約・問い合わせ